真民さんからの言葉 第六回「老いること」


「老いること」

老いることが

こんなに美しいとは知らなかった

老いることは

鳥のように

天に近くなること

花のように

地に近くなること

しだれ柳のように

自然に頭のさがること

老いることが

こんなに楽しいとは知らなかった


ー坂村真民「老いること」



<解説>

「老いること」

この詩は、真民が80歳の時の詩です。

坂村真民は、若い時には体が弱く、いつも病気を持って生きてきましたが、60代後半からは、病院に行くこともなくなり、70代後半からは、本当に、心身ともに健康で、充実した人生を送っていました。

その中でも、80歳から90歳にかけての時期が、一番充実した生き方をしていたのではないかと思います。

そういう、80歳の時の、真民の偽らざる気持ちを、詠った詩だといえます。

老いることによって見えてくる、美しさ。

老いることによって、初めてわかる、人生の楽しさ。

そういうものを、真民は、毎日感じながら、生きていたのだと思います。

人生80年時代、と言われますが、真民にとっては、これからが、最高の人生になるのだと、言っているのですね。


砥部町立坂村真民記念館

館長 西澤孝一





※ポスター画像をクリックしていただくと

詳細が確認できます。


開館9周年記念特別展

海野阿育と坂村真民の世界

〜版画かれんだあに描かれた真民詩〜


2021年2月20日(土)〜2021年6月13日(日)


坂村真民記念館




開催趣旨や、海野氏のプロフィールに関してはこちらから



ー坂村真民ー


1909(明治42)年、熊本県玉名郡府本村(現・荒尾市)生まれ。本名、昻(たかし)。

八歳の時、父親が急逝し、どん底の生活の中、母を支えた。

神宮皇學館(現・皇學館大学)卒業後、熊本で教員となり、その後、朝鮮に渡って高等女学校、師範学校の教師に。

終戦後、愛媛県に移住し、高校の国語教師を勤めながら詩を作り続けた。毎月詩誌「詩国」を発行し無償で全国の読者に届ける。

58歳の時、砥部町に定住し、65歳で退職後は詩作に専念。

2006(平成18)年、97歳で永眠。

一遍上人を敬愛し、「タンポポ堂」と称する居を構え、毎日午前零時に起床。夜明けに重信川のほとりで地球に祈りを捧げるのが日課であった。

飾らない素朴な言葉で人生を歌い続け、その詩の数々は、多くの人に優しさや勇気、そして希望を与え続けている。さらに、慈しみの心にあふれた人柄や生き方は、老若男女幅広い層から支持されている。

(写真は90歳のときのものです)





ー坂村真民記念館 館長 西澤 孝一(にしざわ こういち)ー


(プロフィール)

愛媛県庁職員退職後、坂村真民記念館開館から館長に就任。真民の家族として最後を看取った。


(著 書)

「天を仰いでー坂村真民箴言詩集」(編集)(2019年、致知出版社)

「かなしみをあたためあってあるいてゆこう」(2017年、致知出版社)

「自分の道をまっすぐゆこう」(監修)(2012年、PHP研究所)


坂村真民記念館: 愛媛県伊予郡砥部町大南705 

(TEL:089-969-3643)

(FAX:089-969-3644)