真民さんからの言葉 第十六回「鳥は飛ばねばならぬ」


鳥は飛ばねばならぬ

 

鳥は飛ばねばならぬ 

人は生きねばならぬ 

怒濤の海を 

飛びゆく鳥のように 

混沌の世を生きねばならぬ 

鳥は本能的に 

暗黒を突破すれば 

光明の島に着くことを知っている 

そのように人も 

一寸先は闇ではなく 

光であることを知らねばならぬ 

新しい年を迎えた日の朝 

わたしに与えられた命題 

鳥は飛ばねばならぬ 

人は生きねばならぬ




ー坂村真民「鳥は飛ばねばならぬ」



<解説>

この詩は、昭和51年の元旦、真民が66歳の時に作られたものです。

真民は、世尊が、仏様のことですね、80年の生涯を身をもって示されたのは、「人は生きねばならぬ」ということだったのだ、と元旦に悟り、この詩を作ったと言ってます。

この詩で真民が訴えているのは、「闇の向こうには、必ず光がある」ということと、「人は生まれてきたからには、最善を尽くして生きなければならない」ということです。

この詩は、東日本大震災の後、東北で被災された方々が、真民の詩を読んで、生きる勇気と希望をもらった、と言ってくださる時、まず一番に挙げられるのが、この詩なんですね。

「人は生まれてきたからには、生きなければならない」ということを、「生きねばならぬ」という断定の言葉として書いていますね。これが、真民自身の強い信念と人間に対する希望の表れだと思います。



砥部町立坂村真民記念館

館長 西澤孝一







企画展

かなしみを あたためあって あるいてゆこう

村真民の世界


2021年10月1日(金)〜2022年2月27日(日)


坂村真民記念館







ー坂村真民ー


1909(明治42)年、熊本県玉名郡府本村(現・荒尾市)生まれ。本名、昻(たかし)。

八歳の時、父親が急逝し、どん底の生活の中、母を支えた。

神宮皇學館(現・皇學館大学)卒業後、熊本で教員となり、その後、朝鮮に渡って高等女学校、師範学校の教師に。

終戦後、愛媛県に移住し、高校の国語教師を勤めながら詩を作り続けた。毎月詩誌「詩国」を発行し無償で全国の読者に届ける。

58歳の時、砥部町に定住し、65歳で退職後は詩作に専念。

2006(平成18)年、97歳で永眠。

一遍上人を敬愛し、「タンポポ堂」と称する居を構え、毎日午前零時に起床。夜明けに重信川のほとりで地球に祈りを捧げるのが日課であった。

飾らない素朴な言葉で人生を歌い続け、その詩の数々は、多くの人に優しさや勇気、そして希望を与え続けている。さらに、慈しみの心にあふれた人柄や生き方は、老若男女幅広い層から支持されている。

(写真は90歳のときのものです)





ー坂村真民記念館 館長 西澤 孝一(にしざわ こういち)ー


(プロフィール)

愛媛県庁職員退職後、坂村真民記念館開館から館長に就任。真民の家族として最後を看取った。


(著 書)

「天を仰いでー坂村真民箴言詩集」(編集)(2019年、致知出版社)

「かなしみをあたためあってあるいてゆこう」(2017年、致知出版社)

「自分の道をまっすぐゆこう」(監修)(2012年、PHP研究所)


坂村真民記念館: 愛媛県伊予郡砥部町大南705 

(TEL:089-969-3643)

(FAX:089-969-3644)