ラジオ番組「死に学び 生を考える」第15回

最終更新: 3月12日

お遍路の里・四国から死に学び生を考える~看取りを文化に~

第15回"中橋先生ヒストリー① 「がんに関わる医者になりたい」"


第44回 死の臨床研究会 年次大会 大会長、『死に学び 生を考える』プロジェクトリーダー、松山ベテル病院院長を兼任しつつ、緩和ケアに取り組む中橋先生。

先生はなぜ緩和ケアに取り組むようになったのでしょうか。

これから4回に渡って、中橋先生の歴史を紐解きます。

初回となる今回は、先生が医者の道を意識し始めたきっかけについて語ります。


ご視聴はこちらから↓




特別企画 ラジオ番組「お遍路の里・四国から死に学び生を考える~看取りを文化に~

「日本人の死生観に基づいた地域での看取り」「日本人にとって幸せな死とは」「四国遍路が育んできた生と死の文化」などのお話しを、中橋 恒(『死に学び 生を考える』プロジェクトリーダー/松山ベテル病院院長)と井上 実穂(四国がんセンター臨床心理士)をはじめ、 終末医療に関わる医師や看護師、介護福祉師、文学研究者、四国遍路研究者と共にお届けいたします。

是非、ご視聴ください。


放送情報

2020年4月4日(土)スタート

毎週土曜日16:50~17:00放送(ラジオ AMは1116、FMは91.7)

タイトルは「お遍路の里・四国から死に学び生を考える~看取りを文化に」 

県外の方につきましては、ラジコの有料登録が必要となります。

http://radiko.jp/rg/premium/(月額350円必要です。)




#看取り